整体・資格の検定実施と、認定校(整体学校・整体スクール)の紹介

メニュー

リフレクソロジスト認定 - 検定要項

■ リフレクソロジスト3級 検定要項

検定内容

筆記試験:
一般常識、セラピスト学、接客の基本、生理学、解剖学、運動学、施術基礎、一般臨床、症状別施術、栄養学 コミュニケーション学

特に3級として求められるものは、下肢の解剖や生理学の基礎の上に 栄養学のアドバイスが必須となる。お客様は特に癒しを求めてこられる方が多数いらっしゃるので、接遇の知識についても要求される。
例題1(一般臨床) 正しいと思うものの番号に○をつけてください。
1) わが国の糖尿病は、インスリン依存型が多い。
2) 糖尿病の発症に、遺伝的要因は関係しない。
3) 運動不足は、糖尿病のリスクファクターの1つである。

例題2(症状別) 開帳足の説明で間違っているものはどれですか。
1) 縦のアーチが平たくなったり伸びた状態。
2) 魚の目やタコをつくりやすい。
3) 外反母趾を併発することがある。

例題3(栄養学) 次のビタミンと欠乏症の組み合わせで正しいものはどれですか。
1) ビタミンB12 ― 悪性貧血
2) ビタミンC ― 脚気
3) ビタミンD ― くる病

例題4(接遇)  はじめて来られたお客様との会話で言ってはいけない言葉はどれですか。
1) 今日はお時間はありますか?
2) 親しみを込めて「おばあちゃん」
3) どこか気になるところありますか?
実技試験:
足の指の裏、足の指の付け根、足の指の付け根のふくらみ、土踏まず上部、土踏まず下部、足の内側、 足の外側、足のつま先、足の甲 以上9部位のカードの中から自分が引いたカードに記載されている部位に ついて施術する。
時間は10分まで。

前後にデザート法を入れること。
ポイント: リズム、圧は心地よいか。
反対側の手できちんと支え、体に無理な力がかからないよう楽な姿勢でおこなっているか。
西洋式・東洋式どちらで施術してもかまわない。

         手に迷いがなく、心地よいリズムで、リラクゼーション効果が出せること。
その中にも、整体の特徴とも言えるバランス調整が行えるか。そして、 反射ポイントから推測される体の不調と適切なアドバイスができるかどうかが重要視される。

実施要綱

筆記試験を実施し、合格したもののみ実技試験に参加できる。

筆記試験(開始より30分後より退室自由とする)
実技試験 : 筆記試験終了後(一人10分まで)
☆POINTアドバイス
筆記試験では解剖学や運動学の基本の問題で点を落とさないことが大切なポイントと言える。
一般臨床では少なくともいわゆる生活習慣病は押さえておきたい。
また、施術院のお客様に多い臨床例は押さえておきたい。
栄養学では日々の食事にどのように注意すればいいのか。にプラスして、特異の症状があらわれた場合、 不足する栄養素について説明できるようにしておきたい。
コミュニケーション学では、患者さんに言っていいこと、悪いこと。信頼とは何か。人の気持ちの受け止め方など。人間関係の基本について再度チェックをしておきたい。
NPO法人
日本セラピスト認定協会
〒150-0031 東京都渋谷区 桜丘町17-12 渋谷ジョンソンビル401
TEL:03-6869-2906/FAX:03-6868-6021
ページトップへ